漫画の主人公に憧れて

『サーキットの狼』をご存知でしょうか?
1975年から1979年まで週刊少年ジャンプで連載していた漫画です。
ロータスの狼と言われる主人公の風吹裕矢は、一匹狼の走り屋で色んなライバル達とスーパーカーバトルを繰り広げていくというストーリー。
実写版で映画にもなっている程の人気作!
私はサーキットの狼ファンで今でも風吹裕矢に憧れてます。
現代の車漫画といえば頭文字Dを想像するかもしれないですね。
もちろん頭文字Dも好きなんですが、やっぱり普通車よりスーパーカー派でサーキットの狼が私の中でのバイブル本なんです。

ロータス・ヨーロッパに乗るのが私の夢。
ずっと資金を貯めていて、もう少しでその夢が叶いそうなんです!
私が今狙っているのがロータス・ヨーロッパSなんですが、2010年に生産が中止されてしまっています。
知人の友人がヨーロッパSを所有していて、一度運転させてもらった事があるんですけど、もう!気分は風吹裕矢でしたよ!
風吹が乗っていたロータス・ヨーロッパとは随分変わってしまっているけど、現代のロータス・ヨーロッパSのボディは洗練され、軽量で身軽ですごく運転しやすかったですね〜。
早く自分もヨーロッパSを買って走らせたいですよ〜!

News

 

Copyright(c)2013 サーキットの狼に憧れて All rights reserved. テンプレートby LinkFly